タイトル

オリジナルTシャツの価格について

自分の思い通りのデザインをTシャツにプリントして、自分だけのオリジナルTシャツを作るサービスは、最近非常に普及しているものです。
以前はこうしたオリジナルTシャツを作る際には、多くの最小ロット数作る必要があり、その価格は非常に高額なものでした。
しかし、最近ではデジタル技術やプリント技術の発達により、以前とは比べ物にならないくらい手軽にこうしたプリントを利用することができるようになりました。
こうしたオリジナルTシャツをプリントする方法には様々な物があり、中でもシルクスクリーン印刷は、高い耐久性と優れた発色が人気です。
しかし、版を作る必要があり、また多色刷となると版が多く必要になるため、少量の作成には価格が高くなるため、不向きです。
また、これと対照的に、インクジェットプリントを利用した昇華転写印刷や、インクジェットを直接吹きつける方式を利用すると、版が必要ないため、少量でも比較的安い価格で利用できます。
また、多色印刷や写真などグラデーションがあるものの印刷にも対応しています。

オリジナルTシャツはデザインを工場に依頼する例も

オリジナルTシャツとは、既成の無地のTシャツに、シルクスクリーン印刷またはインクジェット印刷でオリジナルの図柄を印刷し、仕上げたものです。
会社、サークル、クラスなど、さまざまなグループで一体感を盛り上げるのには最適なツールです。厚手でしっかりしたTシャツ生地を使ったオリジナルTシャツは、ユニフォームとして利用されるケースも多々あります。
制作方法は、手作業による場合と、パソコンを使う場合に分かれます。
手描きの場合は、印刷工場で規定する寸法内の紙に絵柄を描いて、それを印刷工場に送ります。パソコンを使う場合は、主にIllustratorやPhotoShopを使います。こちらも印刷工場で規定する寸法内で自由に絵柄を制作して、データを印刷工場に送ります。オリジナルTシャツを作る方法として、家電量販店で売っているアイロン転写シートとプリンタを使って、無地のTシャツに絵柄を転写する方法もあります。
これに対してシルクスクリーン印刷やTシャツ印刷工場のインクジェット印刷は、耐久性に優れ、繰り返して洗濯を行っても絵柄が消えにくい特徴があります。
また、枚数が数十枚にもなると転写の手間は大変ですから、印刷工場に発注した方が失敗も少なく、作業も楽です。
最近の傾向として、Tシャツ印刷業者にデザイン案も作ってもらうという方法が増えてきています。
これは、言葉で趣旨を伝えるだけで、無料または低額でTシャツのデザインを印刷工場のデザイナーに作ってもらえるというものです。当然印刷はその印刷業者を利用することになりますが、低額で良質のデザインが手に入るため、今、注目を集めているお得な方法です。

注目サイト

格安の京都ロケーションの和装前撮りのスタジオゼロ ライト。結婚式の前撮りはstudiozero lightにお任せください!

京都の和装前撮りならスタジオゼロライトへ

岡山県岡山市岡山のゴミ屋さんCSKのご紹介です。

岡山市のゴミ回収

ピアスやネックレス、ブレスレット等ダイヤモンドの製品を高く買取らせていただきます。

ダイヤモンド 買取

司会のご依頼は結婚式のプロにおまかせください。

結婚式 司会

ベリーダンス衣装、エジプトデザイナーズ衣装、オリジナルパンツ、レッスン着、トライバル、Desigual“デシグアル”、パーティーコスチュームの通販サイト。

ベリーダンス衣装

2016/5/26 更新