家電の回収について

不要家電のリサイクル回収

家電はリサイクル業者に回収を

2001年に家電リサイクル法が施行して以来、社会の環境は大きく変わりました。今までは単に粗大ごみになっていたものが、様々な用途で再利用されるようになり、埋立地への負担も軽減されるようになったのです。とはいえ、家電を処分するときには、リサイクル料が必要となりましたから、家計への負担が増したのも事実です。そこで、中古品を回収して買い取ってくれる業者を利用すれば、環境に貢献できるだけではなく、金銭面でもお得に利用することができます。大きなものを処分するときは、社会にとっても自分にとっても利益になる道を選ぶことこそ、賢い大人といえるのです。

不要の調理機器は買取を

ライフスタイルが変化すると、自ずと利用する家電製品も変わります。食べ物の好みが年齢と共に変化すれば、調理する器具も変わっていき、場合によってはトースターや電子レンジやミキサーが不要になってしまいます。また最近では1台でマルチな調理が出来るフードプロセッサー等もあり、古い家電製品が下位互換の製品になる事が多いです。不要になった調理機器は、リサイクルショップに買取してもらった方が良いでしょう。自宅のキッチンに置いていても使わなければ意味がありません。リサイクルショップに売却すれば、それを必要とする若者に安く行き渡る事になりますので、間接的ではありますが、人助けにも繋がります。

↑PAGE TOP